2年ほどお休みしてしまいましたが、久々のブログ再開。



世田谷の花のアトリエのみんなで、5月に銀座ランチに

行きました。

お店はシェ・トモ。
こんなゆで卵半分に見立てた器にバターと野菜ジャム。


ワインちょっと苦手なので、ワイン色の
クランベリージュースをチョイス。普通こういう時って
オレンジジュースやグレープフルーツジュースだったり
しますが、こういうのがあると雰囲気出て嬉しいです。



大好きなウニです〜。アミューズです。

前菜。お魚かお肉かを選べて、お魚をチョイス。
グリンピースといんげんのゼリー寄せで周りもとっても
凝っていました。


こちらが楽しみにしていた、お野菜のプレート。

ひとつひとつ味つけや調理方が違っていて、しかも美しい!
四角のガラスの器のしたに説明書き。ひとつひとつチェック
しながら頂くのが楽しかったりして・・・。これいいな♪


メインもお魚をチョイス。白身のお魚にベビーホタテ。

キャベツのスープ仕立て。

メインのあとにこんなの出てきました。

え〜なにこれ?と思ったら、デザートの材料4種。

これを使ってあります、とひとつひとつ丁寧な説明。

どれにしようか余計迷うじゃないですか…!!


迷いに迷って決まらないでいたらアトリエ主宰の

Yuyuさんに「これにしなさい!」の一言で、オレンジの

スフレに決定。やっぱり師匠の影響力はスゴイ!!
久々に集まったアトリエインストラクターの皆さま、
やっぱりたまに集まるっていいですね。
楽しいこと、悲しいこと、いろんなニュースがありましたが
アトリエを盛り立ててがんばりましょ!!
そしてそして、ブログ再開してよ〜!!の言葉に
奮起して、再開してみました。
お休み中もアクセスしてくださってありがとう!!
久々に書いてみたら、投稿の仕方ちょっと忘れてるし!
な感じですが・・・、やはり大好きなみなさまの一言は
ずっしりと心に響くのでありました・・・!
これからブランクをちょっとずつ埋めていきたいと思います。

A P7090200.jpg

7月の花カフェレッスンは、オアシスを砂状にした

カラーサンドをガラスの器にデザインして、トロピカルな

花をデザインしていただきました。

暑い夏は、花もちが悪いのでトロピカルな花材を使い、

お水を使って、遊び心満載の器を作る!という作業です。

 

A P7090202.jpg

貝殻も使いました。

 


トロピカルなお花達

 

今回のレッスンの一番のポイントはは器つくりで

サンドの色合いなどを考えてガラスの器に入れていくのが

メインの作業です。

思いのまま入れていく方、じっくりと模様を確認しながら

少しずつサンドを加えていく方、できあがりの速度も

さまざまで、個性が光ります♪♪

 

 

A P7090207.jpg

花材は少なめなので、アレンジ自体は簡単♪♪

ミスカンサスをくるくる丸めるのがポイント。

 

 

 

AA P7090209.jpg

「先生、白のサンドが足りませ〜ん」

「う〜ん、もっとこうすれば良かったけど、やり直しは

 無理ですよね〜?」「わ〜綺麗にできてるね〜」

 などと、会話も多く、砂の色のポップさもあってか

 いつになく賑やかな雰囲気でした。

 

 

 

AA P7090216.jpg

仕上がりはこんな感じ。

全員の作品を並べてみました。
パフェのようなかわいらしい感じ、ポップな感じ、涼しい感じ、
世界に1つしかない自分のデザイン♪♪
AA P7090217.jpg
トロピカルな花材も涼しさを誘い・・・、
A P7090232.jpg
かわいらしいミニアンスリウムも
おしゃれ感たっぷり。
素敵に仕上がったアレンジをご自宅に飾って
これからの暑い夏を、元気に乗りきって
いただきたいです。
AA P7090237.jpg
皆さんが帰られたあと、余ったサンドを別の四角い
ガラスの器に入れて、サンプルと共にオブジェ風に
アトリエに飾ってみました。

6月の花カフェレッスンは「初夏の木漏れ日に揺れて」。

いつもは、それぞれの感性で自由にアレンジしていただくのですが、

今回は木漏れ日の雰囲気が大切なのと、器に対するスケール感も

欠かせないので、最初にきっちり説明する、といういつもとは

ちょっと違うレッスンになりました。
 

 

器は、和テイストにもなりそうな陶器の薄型。
花材は、クレマチスやニゲラ、ハマナデシコ、

ジューンベリー、利休草など。

 

 

花カフェレッスンは、割とパリ風のデザインが多いのですが、

今回は多焦点のドイツ風のアレンジ手法を使いました。
いつものポイントの掟破り的なところが多々あります。

初夏の木漏れ日ー緑の木々、重なり合う葉っぱの隙間から

漏れる光、心地よい風。適度な重なりと、適度なスペース。

ベテランさん達も今回はかなり難航し、ヘルプを求められる

回数も多かったです。

 

足元はすっきりさせて、上の方は密集した感じで…。

アトリエに飾っておいたら、評判良かったみたいです。

 

後から参加者の一人からメールをいただき、家に飾ったら、お父さんが

かなり気に入っているそうで、やはりドイツ風のテクニックを

重視したデザインは男性向きなのかしら、と興味深いです。


  • 2016.06.07 Tuesday 00:37
  • 糖質カットのパン
  • by ☆kiki☆

最近、糖質が気になりますが、糖質オフのパンを見つけたので
お取り寄せしてみました。
カンパーニュと、オレンジティーブレッド。
小麦粉が少なめで、大豆粉やグルテン粉が追加されています。
オレンジピールやアーモンドスライスなどもセットされて
いるので、とっても便利。


焼き上がりはこんな感じ。
最初からグルテン粉が入っているからか、いつものパンより
早くこねあがる感じですし、手触りももっちりしていました。
時間はレシピ通り、きっちり2時間。パン作りはそんなものです。

うちのオーブンレンジ、単身用の小さめで、天板が小さくて
4個しか入りませんが、ムリムリ6個入れました。
むか〜し、むか〜し、会社のみんなに引っ越し祝いでいただいた
オーブン、全く壊れないので買い替える気にもなれず、ずーーっと
使っています。とにかくパンを焼いて焼いて焼きまくって、調子
悪くなったら買い替えよう…、と思っているのですが…。
きっと、最新のオーブンだったらもっと美味しく焼けるんだろうな〜
とは思うけど、いやいや、この古いオーブンでもちゃんと焼ける
腕にならないとだめだ・・・との葛藤。
みんながお金を出し合って買ってくれたオーブンレンジだから
邪険にはできないなぁ・・というのがホントのところかな。
でも、その当時のみんなも、今やバラバラで、どこでどうしているの
やら…。



というわけで、珍しくゆっくりできた休日ランチ。
カフェ風にプレートランチにしてみました。
時間がある時は、こんなスローライフも良いものです。

オレンジティーブレッド、6個できて、2個は次の日用と
思っていたのですが、なんと2人で完食してしまいました。
糖質87%カットって書いてあったから、いいか…。


5月の花カフェは、「バラとハーブのハーモニー」。
ラベンダーの鉢を使いました。必要なだけ切って、残りはお持ち帰り
していただきました。



そしてピンク系のバラをたくさん!
ちょうどバラが見ごろを迎える時期ですね〜。



いつものバスケットを使ってアレンジします。
月謝制のレッスンではなくて、単発レッスンなので、ほぼ皆勤賞の方や
全くの初心者の方など様々で、どなたでも土曜日の午後にお花を
楽しめるレッスン構成にしています。



月曜から金曜まで、お仕事や家事を頑張って、お花と向き合う
ご褒美時間。貴重ですよね。



ここに来る途中、「バラがいっぱい咲いているお庭があって綺麗でした〜」
とか、「バラと言うとどうしてもブーケみたいになっちゃうんです…。」
などなど会話も弾んで賑やかだったり、時に集中して無言の時間があったり
和やかな時間が流れます。



全部並べてみたら、まるでバラ園のように・・・。




せっかくの午後の時間なので、あまりきっちり教えるクラスではなく
お花を楽しんでいただけるレッスン構成にしていますが、それぞれご自身で
課題や苦手なところを見つけて、次の回にはきちんと反省が生かされてたり
して、逆に「なるほどな〜」と教わるところがあったりするのも 楽しみです。

6月のテーマは、「初夏の木漏れ日に揺れて」です。


今更のアップですが、4月の花カフェのテーマは
「フラワーケーキ」。「お花でケーキを作りますよ〜。」と
言っておいたら、食関係が好きな方へインパクト絶大だった
ようで、久しぶりに参加者が6名となりました。
ふんわりとしたケーキのイメージで、お花も淡くて
SWEETな色合いです。


テラコッタのお皿にオアシスをセットして、あとは
ケーキをイメージして。



完成してから、お皿の上に載せてみました。


みんなが大好きなケーキ。イメージし易かったのか、
いつもみたいに悩んだり、行き詰ったりすることなく、
まあるくアレンジできていました。
イメージがしっかりしてると、うまくいくってことですね!!


今回は、ティーカップも合わせて、テーブルセッティング
して写真を撮ってみました。
ご参加の皆さまに好評だったので、こんなテーブルセッティング
のアレンジもシリーズ化しても良いかもです。



明日は花カフェクラスのレッスンの日。
また新たなカリキュラムのスタート。


2月のまだ寒い日曜日、花のアトリエの花カフェ関係者
3人で集まって、日程と どんなテーマで、
どんなイメージで、どんな器を使うかなどなど、
たくさん話し合って決めました。


時間をかければかけるほど、話し合いを詰めれば
詰めるほど、良いアイデアが浮かび、次の半年も
うきうきわくわくのカリキュラムとなりました。

明日のアレンジは「フラワーケーキ」。
お花でケーキを作ります。
タイトルのインパクトもあり、食好きの方のハートを射止め、
明日は久々に多めの6名のご参加です。
回を重ねスキルアップした生徒さん、全くの初心者と
レベルもまちまちで、忙しくなりそう・・・。
舞鶴とか横浜とかちょっと遠方から来てくれる
方もいて、楽しみです!
どんなお花のケーキができるのかな・・・。
エネルギーをしっかりチャージして、レッスンに
備えましょう・・・。
桜のクッキーのおやつも買ったし、春爛漫です♪♪

ア・モルフォ花のアトリエのHPは→こちらから
 


3月に作った和菓子。
師範の後のセミナーが終わるとハイセミナー、それで終わりかと
思ったら、ハイハイセミナーと延々と続くようです。
そろそろ卒業してもいいかな、と思った時期もありましたが
せっかくここまで学んだし・・・という事で、今は友人と
2〜3か月に1回、教室に通っています。
先生と3人で作るので、ここでもマイペースで心地よい雰囲気です。



パーツごとに、練り切りを計って分けて、着色して
形を作って、模様をつけて…と果てしなく時間がかかります。
これを作るだけで2時間半。
別のテーブルで作っているケーキコースやお料理コースの
試食タイムを横目に、地道にコツコツ組み立てます。
地下にあった教室が、夜景が素敵な高層ビルに移転したのに
制作中は、夜景を眺める余裕などなく大忙しです。
(お料理と違って、試食は余った部分を頂くだけなので
 ほんのちょっぴり…空腹との戦いでもあります…。)



お盆に載せると、雰囲気が出て…。


和菓子ケースに入れると、さらにグレードアップし
お持ち帰りが嬉しいです。
これだけの和菓子を買うことって、あまりないですもんね♪♪


大変ご無沙汰してしまいました。
3月の花カフェは、春のお花を使って「お花畑のように」
フリンジ沢山のチューリップや、花弁が密なチューリップ、
ちょっと珍しいラナンキュラスなどなど、印象的なお花たち。



今回は、少なめの2名のご参加で、ゆったりのんびりムード。


茎を長めにゆったりと春風に揺れるようなイメージで
完成です。



土曜日の午後、世田谷のアトリエでお花と向き合う時間、
生徒の皆さまと一緒に、素敵な時間です♪♪

 
2月の花カフェクラスは、「パリのバッグに春のバレンタインカラーで」。
パリのランジス市場で買ったプラスチックのバッグに、濃赤〜ピンクの
お花たち。
チューリップ(フェラーリ)、バラ(サムライ)、ラナンキュラス
(コニャックレッド)と、どれもカッコイイ品種です。
他に、赤とピンクが混ざったスイトピー(紅式部)
マーガレット(ブライダルピンク)などどれも素敵な品種です。



パリのバッグは2色。
去年も2月に使いました。この時は、ニコライ・バーグマン風の
お花の茎を短く切って、箱の中にお花をギュッと詰めたBOX
でした。今回は違った雰囲気のアレンジです。



サンプルを最初に見せてしまうと、その印象が強くなって
皆、似たような雰囲気のアレンジになって個性がなくなって
しまうし、ささっと完成してしまうので、まずはご自身の
イメージでアレンジしていただきます。




「今日はイメージが湧いてこない、よくわからない・・・」などと
悩みつつも、お花を挿していくうちに、だんだん形になってきたり、
「今日はこんな風にします!」と人それぞれ。




悩みつつ、迷いつつ…。少しずつ完成していく過程も
楽しいですよね。普段、こんな風に悩むことってある?
今日はうまくいかなくても、次回に生かせばね♪



最後に、全員の作品を集めて、恒例の撮影会。
気になるアレンジをみなさんきちんとチェックしていて
「前回、こういう感じがいいな♪と思ったので、今回やってみました」
「悩んだ時のグルーピング♪♪」
自由気ままなレッスンですが、それぞれ前向きに取り組んで
徐々に上手になっていく姿が頼もしい感じです♪♪


<<new | 1 / 89pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
♪大好きな人と飲むワイン♪      〜ワイン情報はこちらから〜
e-shopワインマーケットPARTY
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.