エッフェル塔にかかる白い雲のオブジェ。
パリ、いいですね〜♪♪




最近は、こんな本をたくさん読んでいます。
ピーター・メイルの南仏プロヴァンスの本。
ずっと本棚にしまったままでした。
ちょうど20年前に出版されたんですね・・・。
南仏が好きですが、過去行ったのは地中海側のコートダジュールばかり。
プロヴァンスもいいなぁ・・・。
思い出に残るのって、都市部よりも、田舎の小さな町で出会った小道や風景
だったり、風だったり、鐘の音だったり、道を教えてくれたテイクアウトの
ホットドック屋のおじさんだったり・・・なんですよね。
もちろん街中のカフェや美術館も素敵だったりするけれど、
古い街並みや景色、田舎の風景の方が好きかな・・・。





なかのひと




 
桜が咲いたと思ったら、冬に逆戻りのような寒い日々・・・。
3月末までに受けなければならない会社推奨の試験を、期限ギリギリで
受けてきました。

今まで何回も様々な試験を受けてきましたが、会場は大学や高校の教室という事が多くて、地図を見ながらいろんな大学へ足を運びました。(それも楽しかったり・・・)
今回の試験会場は、主催者指定のITスクール。
試験は毎日開催されていて、日時も場所も、自分でWEB上で予約します。
さすが、米国系資格。まず、身分証明は写真付きの免許証やパスポート、
それと署名付きのクレジットカードや図書貸し出しカードなどなどの2種が必要。
要するに、写真と署名の両方をチェックされます。
受付で提示すると「受付表に同じ署名をして下さい」と言われます。
2種類持参とは、そういうことだったのかとこの時に判明。厳重な本人確認です。
手荷物は全て鍵付きロッカーへ入れて、試験会場に持ち込んで良いのは鍵と写真付きの身分証明書だけ。
入口に、監視カメラがついていますと明記されていました。

指定された席について、IDを入力すると、画面に「スタートをクリックすると試験が開始され時間のカウントが始まります」と表示。
つまり、席についたら、それぞれが自分のペースで試験開始するのです。
試験管の説明や合図もなく、黙々と端末に向かって回答します。
色彩検定、TOEIC などなど、試験官が合図して一斉に開始するというスタイルと随分違ってビックリしました。あの開始前の、時計をチェックする試験官による「開始!!」の合図を待つ時の、妙に静かで緊迫した雰囲気も無しです。

受験要領や、資格取得にあたっての同意書なども、試験開始前に画面に表示されます。日本の資格は、同意書に回答するなんて事は無いですもんね・・・。
国によってこういう事も違ったりするのが、ちょっと新鮮に感じました(試験中なのに・・・)。

回答を終えて、終了をクリックすると、自動的に採点されて、合否が画面に出ます。「終了」を押すのに、ちょっと勇気が必要です・・・。



出来が良くても悪くても、「とにかく終わった〜」と思える解放感が好きだったりするのに・・・。
その場で結果がわかるのは、合理的で良いのかもしれないけど、情緒に欠けるというか、やっぱり、私にとっては、受かってるかどうか、ちょっと心配だったり、試験によっては解答速報が出たりするので、ネットで調べて、一喜一憂したり、がっくりしたり、通知が届いて開封するのがドキドキだったり、そんなアナログ的な方が、なんとなく性に合っているような気がしました。
でも、集中できるのと、回答が終わったら、気兼ねなく退出できるのは、結構良いと思うのですけどね。

受付でプリントアウトされた結果報告書を貰って帰ってきました。
何もかもが初めての受験形式で、面白い体験をしました。

結果ですか?
タイトルどおりです
良かったです。肩の荷が下りました。
支払った受験料も戻ってくるし、良かった、良かった♪♪

プレッシャーもなくなったので、4月は心おきなくブログもアップできそうです♪♪



あの有名なミクニシェフの大好物はシンプルな「たまごかけご飯」だという・・・。
個人経営の卵の卸屋さん勤務のお友達のあっこちゃんに聞いた事がある。
「卵の値段ってどうしてあんなに違うんだろうね。都内の有名スーパーやデパ地下って、びっくりするほど高い卵があるよね?」
「一度試してごらんよ。高級卵は放し飼いのストレスのない鳥が生んだ卵だったりして、すっごく美味しいんだよ。たまごかけご飯になんかするとびっくりするよ。数百円で最高の贅沢ができるんだから。それに栄養価だって高いんだから!」
「そうだよね〜。高いって言ったってたかだか数百円の差だもんね。」
というわけで、そのあっこちゃんがいう「最高の贅沢」をするために、都内デパ地下で一番高い6個入りの卵を「たまに」買うことにしている。

そして写真は、平日はサラリーマン、土日は長野で援農をしている友人からいただいた「こだわり卵」。いつも直送販売案内メールが届き、「いつか買ってみたいな」と思いつつ、買う機会を逃していたら、一昨日、10個も頂いてしまった。
すっごく嬉しい気分で、休日を待つ・・・。そして・・・。



本日の朝食は、「こだわりたまご」を使った「たまごかけごはん」。
「色はちょっと薄いんだけどね・・・」と言われたとおり、黄身の色は薄い。
でも、一口いただいたところで「甘〜い!!」
さすがこだわりたまご。こんなに甘いなんて、びっくり。
質素に思われがちの「たまごかけごはん」も一気にランクアップ。
これだけ甘かったら、ちょっとした「ご馳走」と言っても良いかも。

あっこちゃんとランチに行ったり、街を歩くと「ここもお客さんだよ〜。」と教えてくれる。さすがに卵に関しては詳しい。卵博士のようだ・・・。
「ここはね、すっごく良い卵を使っているんだよ」とちょっと内緒の話なども・・・。
やはり美味しいフレンチの店は、生産者指名の「こだわりたまご」だったりする。美味しいものを作る秘訣は、やはり確かな素材。

スーパーで「本日特売」の卵を買いがちだけれど、たまにこうして「こだわりたまご」を買って、「たまごかけごはん」をいただくと、ささやかな贅沢気分を味わえる。不況時代の強い味方!!

「毎日食べるもの程、良いものを・・・」そんなあっこちゃんの言葉が心に響く・・・

「たまごかけごはん」OKな方、一度、高級卵に挑戦してみてはいかがでしょう?
もちろん、目玉焼きや卵焼きにも、お菓子作り大好きな方もお勧めです。
・・・でも、一番違いがわかるのは、やっぱりシンプルな「たまごかけごはん」・・・。

なかのひと





SUBARU SNOW ADVENTURE/スバル最新AWD北海道雪上試乗会にmaruさんが当選して、先日行ってきたばかりですが、実は、この当選のお知らせのすぐ後に、こんなものが届きました。

「夏の北海道」の時に、津軽海峡フェリーのスタンプを押して応募したのですが
何と、今度は私が「特等ペア片道乗船券」に当選し、無料チケットを貰っちゃいました。来年夏の北海道行きが、これで決定です♪♪


なかのひと

 
今年もまた、我が家の庭にラベンダーが咲きました。
ラベンダーって、まだ蕾がほんのちょっと出た頃から、香りがするんですよね。
紫色に色づいたラベンダーを見ると、そろそろ富良野&美瑛に行きたいな〜
などと思ってしまいます。
今年のトレンドは、富良野の「風のガーデン」でしょうかね・・・。




近所のバラ園。
ちょっと忙しくて、最盛期を逃してしまいました。
もう少し早く行ってみればよかったかな・・・。
木々の間から、赤い夕陽がのぞいていました。



夕陽に照らされたたんぽぽの綿毛もなんだかきらきらしていて
綺麗でしたよ・・・。

明日から、10年間の鎖国を解き、国外脱出です♪♪
うちの大切な子供たち、BMちゃんと、プジョくんの生まれ故郷を
視察に行ってきま〜す♪♪

 

我が家のキキと黒猫のジジです♪
ユーミンの「やさしさに包まれたなら」がテーマ曲の「魔女の宅急便」
という映画の主人公です。久石譲さんの音楽も素敵でしたよね。

お友達のゆいさん作です。ほうきはご主人の国さん作です。
秋に泊まりに行った時に、さりげなく私たちのお部屋のテレビの上に置いて
あって、「キキだぁ〜♪ いいなぁ〜」と思っていたら、
「☆kiki☆さんにはこれでしょう♪ 連れて帰ってね♪」とゆいさん。
といういきさつで、この子たちはうちの子になりました。




オリジナルはこちら。
ゆいさんちの魔女です。こちらもゆいさん作です。
お部屋の中を飛んでいます。
以前から、大のお気に入りでした。




最初は、「ほうきは自分で作ってね♪」と言われていたのですが、
国さんが、外へ行かれたと思ったら、ささっと器用にあっというまに
作って、持って来てくださいました。

年度末に組織改正・・・やる事がいっぱいありすぎて、連日の残業。
キキちゃんの魔法の力で、あっというまに全部片付けてくれたらいいのに・・・。
☆kiki☆は魔法使いじゃないから、1つ1つ地道にこなすしかありません・・・。
無事終わりますように・・・★★★



 白いチューリップ。
 花びらがフリル状で、内側が少しクリーム色。
 綺麗だったので、接写してみました。

  今日は祝日・・・。
  平日のまんなかのお休みって、かなり貴重です♪♪

 今のところ天気も良くて、
 チューリップのように、ふんわりした気持ちでのんびりです。

 さて、午後はお洒落なカフェにお出かけしてみましょうか・・・。
 



    「わたしの夢はね、将来、時間ができた時に
     桜前線と一緒に、南から北まで旅行すること♪♪」

 以前、そんなふうに素敵な夢を語ってくれた友人がいました。
 毎日、毎日、いろんな場所で、いろんな桜を見て・・・優雅な旅ですよね。
 絶対に叶えて欲しい夢の1つです★


 さて、昨日からの強風と豪雨で、いよいよ今年も桜の季節は終わりです。
 みなさま、今年もたくさんの桜の思い出を作れましたか?




今年は、割とあちこちで桜を見たような気がしますが、
「お花見」らしいのは、日曜日の相模川周辺の「お花見の会」でした。
同居人のお仲間がたくさん集まりました。
最初の頃は、何となく付き合いで参加していただけですが、
何回か顔を合わせれば、すっかりみんなお友達!!

 印象的だったのは、毎朝 「眠いなぁ〜」 と思いつつ、
 ひっそりと片道2時間ちょっと通勤を3年半続けていたのですが、
 3年ぶりにお会いした、そのお仲間のうちの一人から、
 「あまりの通勤時間の長さに、たまに気分が萎える時があるんですよ〜。
  でも☆kiki☆さんの事を思うと、自分も頑張らなくちゃ〜って思って。
  あなたは、一人の人間の心の支えになっているんですよ〜♪」
 な〜んて言われちゃったこと。

 知らないうちに、誰かを救っていたんだ・・・♪♪
 
 そういえば、昔、昔、寮生活をしていた頃に、向かいの棟の友人から
 「夜中に☆kiki☆さんの部屋の明かりがついていると、まだ起きているんだ
  と安心する。消えてると、”早く寝なくちゃ”って焦る!!」
 などと言われた事を思い出しました。
 ただただ好き勝手に暮らしているだけなのに・・・。
 

 でも、ひとりやふたりいますよね・・・。何気に支えになってくれてる人って。
 大変な時に必ず思い出す人,
 こんな辛い局面の時に、あの人だったらどう対処するのだろうか・・・とか、
 嬉しい時に会いたくなる人とか・・・。

 会うことは稀であっても、やはり大事な友です。

 なんか、そんなほのぼのとした気持にさせてくれた一言でした。

 そして、当ブログをいつもご覧になって、暖かく見守って下さっている
 みなさまにも感謝です♪♪
 ご覧頂いている事が、ブログを続けられる支えだったりします。
 



 桜 桜さん 桜  ・・・来年のこの時期に、また、
 素敵な出来事をたくさん運んできてくださいね♪♪

     さっ、明日も 通勤がんばろう〜っと!!

     



   お昼に外に出たら、陽射しが明るくて 気持ち良い空でした。

   冬のこんな天気の日は、2月のコートダジュールの空とリンクします。
   温暖な地中海沿岸、この時期、黄色のミモザが咲き乱れ
   青空とのコントラストが印象的です。

   青と黄色って地中海カラーなんですよね。

   海岸線に沿った道路は、プロムナード・デ・ザングレ
   ニースで有名な場所です。
   2月のニースといえば、お花のカーニバルの時期。
   街がお花でいっぱいになります♪
   
   行きたいなぁ〜。



      土曜日の朝・・・。
      休日にしては、いつもより早く起きて窓を開けたら
      テラコッタマンが朝陽の中で気持ちよさそう。
      なんだかいいことありそうな、そんな予感。
  
      今日も忙しい日になりそう。
      ほんの束の間、朝のゆったり時間です。

      短睡眠で大丈夫だけれど、
      それでも時間が足りなくて、
      1日があと3時間多かったらな・・・と
      思うことが結構多くて・・・。

      さぁ、今日も一日、素敵な日になるようにと、
      これからの予定をシュミレーションしながら
      元気いっぱい、おでかけしました。

      予定外のことも起こりました。
      その後のお話はまたあした・・・。

<<new | 1 / 3pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
♪大好きな人と飲むワイン♪      〜ワイン情報はこちらから〜
e-shopワインマーケットPARTY
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.