九州旅行の続きです。
2泊目は、大分にある筋湯温泉「喜安屋」です。
景色のよい道路をぐんぐん上がって、ドライブを楽しんだ後にたどりついた
大分県九重町の標高1,000mの高地にある筋湯温泉から山あいに入った離れ宿。
美味しいお料理と、お部屋に露天風呂付きの贅沢なお宿です。



10室程度の小さなお宿で、お部屋は広々で寛げます。
こちらも明るいうちに到着しないと勿体ないです。
まずは施設チェック。





洗面台の壁側にある扉を開けると、露天風呂。
かけ流しで、24時間入れます。
お部屋にこんな露天がついているのに、外には貸切の露天風呂があったり
男女別の大浴場、そこも露天風呂があったり。
大浴場といっても、10室ほどしかないし、これだけ温泉が付いていれば
貸し切り状態です。




夜は、白熱灯の明かりでもっと素敵な雰囲気ですが、渡り廊下。
敷地内は広くて、こんな空間を歩くのも癒されますね。




さて、お楽しみの夕食は、部屋ごとに分かれたお食事処で。
長月の善。
「有の実一人静か」とか「もってのほか和え」とか聞きなれないお料理名が・・・。




いくらの黄色版。鮭じゃなくて、山女魚のいくらでした。
清流の魚だからでしょうかね、薄味でほんのり甘い繊細で上品なお味でした。




お椀




変わり鉢 蕪クリーム煮と鴨燻製




山あいの天婦羅
担当の方が毎朝採りに行かれるらしいです。
一番左のだったかな・・・「ゲンノショウコ」だそうです。
薬草ですよね?



メニューです。 



料理長の気まぐれデザート  ぶどうのシャーベットと抹茶のブリュレ。
こんなに食べたのに、貸切温泉に入ったあとに、フロントにある売店で
アイスクリームを買ってしまいました。
いろいろな味があって悩みました。
他の部屋の方も同じように買っていたので、思うことは同じなんですね。




朝食。
かけ流し温泉にたっぷり使って、美味しい山あいの料理をいただき、
雰囲気のよい館内をあるき、ちょっと早い秋のしっぽりとした雰囲気を楽しみました。
宿泊料は、よくある温泉旅館並みです。
大きめな露天風呂付きお部屋・・・関東エリアでは、この料金では無理ですね〜。
探せばお手頃で素敵な宿って、結構あるものですね。
ガイドブックや宣伝に惑わされてはいけません。自力で探すのみです!
(温泉宿はmaruさん、洋風宿とお食事処は私担当です。とにかくweb検索!!!)
また行きたい温泉宿リストに加えました♪
北海道も良いけれど、九州も素敵です♪♪

ご案内はこちらです → 山あいの宿 喜安屋

なかのひと



オーベルジュあかだまを出て、海岸線をドライブ。
途中、ながさき女神大橋を渡り、綺麗だったので車から降りて
橋を眺めました。



昨年3月から橋が開通して、車で行けるようになった伊王島にある、
「伊王島灯台」を見学。
橋ができる前は、船でないと行けなかったという事ですよね。
観光客も増えたでしょうね。




南国のハイビスカスが咲いていました。
灯台公園になっていて、建物の中には灯台の説明やら展示物などが
ありました。



紺碧の海と白亜の灯台・・・綺麗です〜。



島の案内図。 軍艦島も見えるようです。



展望台にあった双眼鏡。
以前、軍艦島観光に行ったことがあるmaruさんが、軍艦島に焦点を
合わせてくれました。島影から1部分が見えるだけでしたが、本当に
軍艦の形をしていました。そのままにしておいたので、次々と双眼鏡を
除く観光客が「凄い!」を連発していたので面白かったです。




島の後ろ側に見えるのが軍艦島ですが、肉眼ではよく見えませんね。




この辺り、ダイビングスクールの講習でもやっているんでしょうかね?
ダイバーがたくさんいました。


さて、いよいよ長崎市内に。
前回は、グラバー邸に行ったり、眼鏡橋を見たり、市電に乗ったり
観光しましたが、今回はランチだけです。


中華街へ・・・。
「長崎ちゃんぽん」の美味しいお店を「オーベルジュあかだま」で尋ねた
ところ、昨晩、シェフがFacebookで聞いて、いくつかのお店とその特徴を
教えていくださいました。便利な世の中になりましたね。
ラーメンと同じで、人によって好みが分かれるみたいですね。
さて、どのお店に行きましょうかね・・・。



案内も何もないお店です。
教えていただかないと入る勇気がないですよね。
そんな理由で、このお店、「喜楽園」に入ってみる事にしました。
メニューは「ちゃんぼん」と「皿うどん」「チャーハン」など、それほど
種類はなくて、食堂といった雰囲気の庶民的なお店でした。


地元の常連さんのお店のようです。
他の大きなお店は観光客が並んだりしていましたが
ここは空いていました。
スープのお味がとても美味しかったです。
他の方が食されていた山盛りの「皿うどん」も気になりました!
長崎の方は、チェーン店の「リンガーハット」によく
行かれるようですよ。
長崎の「リンガーハット」は他のエリアとお味が違うのかな、
と思ってみたり。
函館在住の方が、市内でお寿司を食べるのは「回転ずし」で
市場よりもお手頃で、ネタも新鮮で美味しいという原理と
同じなのかな・・・と試してみたいです。



カステラの老舗、「福砂屋」本店。
作りたてで、賞味期限も1週間。本当に美味しくて、カステラの認識が
変わりそうなお味です。
今は、お手頃なお土産用に、いろいろな色のパステルのキューブの小箱の
素敵なパッケージに入ったカステラも売られています。
カステラもお洒落になりましたね。


龍馬ゆかりの地ですが、どこにも行かなかったので
たまたま公園にあった龍馬像を撮ってみました。
「長崎」な感じでしょうかね?
     長崎市内マップ→こちら(←福砂屋」本店の案内もこちら)


さて、今宵は温泉にお泊りです。
明るいうちにいって寛ぎましょう・・・。

なかのひと








 
朝陽が降り注ぐレストランで朝食です。




牛乳、フレッシュオレンジジュース、そしてバナナジュース。
3種類も出てきて、嬉しい朝食の始まりです♪




いきなりですよ!
昨日の伊勢海老のお出汁で作ったリゾットです。
体に優しい感じです♪




そして野菜サラダ




焼き立てのパンに、熱々のピザ。
もちろん、こんなにはいただけませんよね。
「パンはお持ち帰りしてくださいね!」だそうです。




お魚の網焼き4種類




そしてまたまた伊勢海老のスープ。具だくさんです。




オムレツ。なんだかディナー並みのボリュームです。
結局、パンも殆どいただいてしまいました。
朝から凄い食欲の自分にびっくり!




デザート。
美味しくいただきました。
ちょっと食べすぎですよね〜・・・。
でも、旅行の時くらいは贅沢してしまいましょう♪♪

ランチの長崎ちゃんぽんの美味しいお店をディナーの時に
聞いたら、シェフが調べておいて下さいました。
ありがとうございました!

なんとも贅沢なオーベルジュステイでした!

なかのひと



 
さて、今回の長崎旅行、北海道の定宿・美瑛のオーベルジュてふてふに匹敵
するような素敵なオーベルジュはないかと探していたら、ありました、ありました!!
オーベルジュあかだま。
Webサイトでヒットして、見るなり「ここに決定!」
2泊3日の短い旅ではありますが、十分に満足できそうな予感です。





3室しかなくて、いずれも戸建てで、まるで別荘のようです。
明るいうちに行かないと勿体ないです。
チェックイン早々に全お部屋チェック!!
まずは、ダイニング。レストランは別にありますが、
ここではコーヒーや紅茶などが飲めます。




リビングとテラス。
リビング横には、テレビやCDなどもあって、寛ぐには十分です。
やはり、オーベルジュというより「別荘に来た!」という感じです。





2階にもリビングスペースがあります。
ガラステーブルの下には雑誌がたくさん。


こちらはベッドルーム。最大で6名まで泊まれるようです。
あまりに広くて、贅沢すぎです。




お楽しみのディナータイム。
何といってもオーベルジュのお楽しみはお食事です。
まずは前菜。いろいろな冷菜が少しずつ。
魚介のジュレや、タコのマリネ、ニンジンのマリネ、ミニ春巻きなどなど。




ガラスの器で、見た目も素敵です。
こういうの大好きです!!




すご〜い!!
まだ生きている伊勢海老。
二人で1匹いただけるみたいです。
「お料理はおまかせで良いですか?」と聞かれました。
リクエストしたらその通りに作ってくれるんでしょうかね?
お任せにしましたけど・・・。




カルパッチョ。4種類の白身のお魚です。山盛り♪♪




そして出てきましたよ!先ほどの伊勢海老くんが見事にお造りに
なって出現。あ〜でもちょっとかわいそう・・・。
さっきまで生きていたのに・・・。
でもでも、美味しくいただいてしまいました。ごめんなさい。




梅ソース、バルサミコ酢、すだちドレッシングと
お造り用のソースも3種類。




そして、伊勢海老のお料理がもう1種類。




ウニクリームスープ。
これでもか!のシーフード三昧です。




そして鯛の塩釜焼きです〜。パフォーマンス的にも素晴らしいです。




そうそう、伊勢海老の殻は、明日の朝食のスープに使うらしいです。
ほんとうに食材を有効活用していますね!




まだまだ出てきます。こちらも伊勢海老。それと鯛です。
私はお肉抜きでしたが、このあと、maruさんには牛ステーキが
出されました。
小食の方にはちょっと大変なお料理の量ですよね。





最後にデザートで、ごちそうさまでした!
実にディナーに2時間かかりました。




そして、お部屋に戻ってバスタイム。
冷蔵庫にはバラの花がたくさん。
これをどうするかと言いますと・・・。




バラ風呂にしてください・・・という事で、バラのお風呂に・・・。
豪華なシーフードの後に、何とも素敵な演出!





リビングで、雑誌を読んだり、テレビを見たり・・・。
なんだか眠るのが勿体ない状態です。

これで、1泊21000円です。
伊豆辺りだったら、このお料理に別荘並みのお部屋
一体どれくらいで泊まれるのでしょうか・・・。

朝食も楽しみです。
あまりにおなかいっぱいなので、朝食のお話は次回にしましょう・・・。

オーベルジュあかだま → こちら 

なかのひと





 
本土最西端の場所に行ってみようと、山道をのぼり
木々の緑のトンネルを抜けると・・・




島々が点在する、こんな景色に遭遇。
曇天なのがとても惜しいです。墨絵のような風景・・・。





青い空、青い海だったら どんなに素敵に見える事でしょう。
それもそのはず、「ラストサムライ」のロケ地にもなった場所だそうです。
西側なので、夕日も絶景のようです。
観光船も見えますよ。




下って海側に降りると、シンボル塔があります。
最西端から見る海。
東シナ海。端っこって、なんだかロマンを感じます。





そして上にあがっていくと広い公園があります。
「神埼鼻公園・本土最西端の地」です。




大きな日本地図。忠実に再現しているのか、表面は平らではなくて
丸みを帯びています。




北海道側に回ってみました。
稚内や知床が見えます。こちらはオホーツク海です。
球状なので、北海道側から九州は隠れて見えませんね。




晴れていたら、ほんとに気持ち良さそうですよね。
傘をさしての散策になってしまいました。
観光客もいなくて、この広い景色を独占できたのは良かったです。
見晴らしがよくて、素晴らしい公園です。




証明書も発行してくれるみたいですね。

さて、早めに素敵なオーベルジュに行きましょう!
九州のお気に入りのオーベルジュになるのか、期待でワクワクです。
次回につづく・・・です。

なかのひと




 
先月、長崎に行ってきました。
羽田空港から飛行機であっというまに着きました。
maruさんが友達に会いに、車で先に行っていたので、長崎で合流。
長崎空港に迎えに来てもらいました。
あいにく・・・雨・・・。どんよりです・・・。



夜は豪華フレンチなので、ランチは軽〜く佐世保バーガー。
いくつかお店があって、ネットで念入りにチェックしたところ、
BigManが良さそうでした。





土曜日の昼時とあって、待ちがいっぱい出ていました。
このお店だけ人が溢れていました。人気なんですね。




ベーコンチーズバーガーをオーダー。
テーブル席は3つだけの小さな店舗です。テイクアウトされる方が
多かったです。なので、そんなに待たずに席につけました。




ファーストフードではありません・・・、と書いてあるとおり
1つ1つ焼くので、時間がかかります。
1つ1つの素材にこだわりがあって、今まで食べたハンバーガーの
中で一番美味しかったです。
1個550円・・・いいお値段ですよね。セットはなくて、アイスティーと
ハンバーガーで800円でした。
本当に美味しかったです。


なかのひと

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
♪大好きな人と飲むワイン♪      〜ワイン情報はこちらから〜
e-shopワインマーケットPARTY
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.