九州旅行の続きです。
2泊目は、大分にある筋湯温泉「喜安屋」です。
景色のよい道路をぐんぐん上がって、ドライブを楽しんだ後にたどりついた
大分県九重町の標高1,000mの高地にある筋湯温泉から山あいに入った離れ宿。
美味しいお料理と、お部屋に露天風呂付きの贅沢なお宿です。



10室程度の小さなお宿で、お部屋は広々で寛げます。
こちらも明るいうちに到着しないと勿体ないです。
まずは施設チェック。





洗面台の壁側にある扉を開けると、露天風呂。
かけ流しで、24時間入れます。
お部屋にこんな露天がついているのに、外には貸切の露天風呂があったり
男女別の大浴場、そこも露天風呂があったり。
大浴場といっても、10室ほどしかないし、これだけ温泉が付いていれば
貸し切り状態です。




夜は、白熱灯の明かりでもっと素敵な雰囲気ですが、渡り廊下。
敷地内は広くて、こんな空間を歩くのも癒されますね。




さて、お楽しみの夕食は、部屋ごとに分かれたお食事処で。
長月の善。
「有の実一人静か」とか「もってのほか和え」とか聞きなれないお料理名が・・・。




いくらの黄色版。鮭じゃなくて、山女魚のいくらでした。
清流の魚だからでしょうかね、薄味でほんのり甘い繊細で上品なお味でした。




お椀




変わり鉢 蕪クリーム煮と鴨燻製




山あいの天婦羅
担当の方が毎朝採りに行かれるらしいです。
一番左のだったかな・・・「ゲンノショウコ」だそうです。
薬草ですよね?



メニューです。 



料理長の気まぐれデザート  ぶどうのシャーベットと抹茶のブリュレ。
こんなに食べたのに、貸切温泉に入ったあとに、フロントにある売店で
アイスクリームを買ってしまいました。
いろいろな味があって悩みました。
他の部屋の方も同じように買っていたので、思うことは同じなんですね。




朝食。
かけ流し温泉にたっぷり使って、美味しい山あいの料理をいただき、
雰囲気のよい館内をあるき、ちょっと早い秋のしっぽりとした雰囲気を楽しみました。
宿泊料は、よくある温泉旅館並みです。
大きめな露天風呂付きお部屋・・・関東エリアでは、この料金では無理ですね〜。
探せばお手頃で素敵な宿って、結構あるものですね。
ガイドブックや宣伝に惑わされてはいけません。自力で探すのみです!
(温泉宿はmaruさん、洋風宿とお食事処は私担当です。とにかくweb検索!!!)
また行きたい温泉宿リストに加えました♪
北海道も良いけれど、九州も素敵です♪♪

ご案内はこちらです → 山あいの宿 喜安屋

なかのひと


Comment:
2012/11/10 8:43 PM, ボニカ wrote:
きゃあ。。。 すっごい好みのお宿!!!

筋湯温泉て最近知った場所なんです。
ここ 渋いお宿が多いエリアですよね。

温泉も良さそう!!!
見落としがちなエリアで やっぱ九州いいわぁ〜
2012/11/11 2:22 AM, ☆kiki☆ wrote:
★ボニカさん★
でしょ、でしょ、でしょ、絶対ボニカさんの好み。
ここもリフォームしたみたいです。
湯どの庵にちょっと共通した空気感があるかも。
雰囲気は違いますけどね。
伊豆に行くなら、絶対こっち!!
九州も良さそうな宿がいっぱいありますね。
これからは九州にも目を向けなくちゃ♪♪
Add a comment:









Trackback:
http://suteki-jikan.jugem.jp/trackback/797
 
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
♪大好きな人と飲むワイン♪      〜ワイン情報はこちらから〜
e-shopワインマーケットPARTY
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.